民俗・地名そして日本 - 谷川健一

谷川健一 地名そして日本

Add: disecy93 - Date: 2020-11-19 15:06:10 - Views: 4095 - Clicks: 7196

民俗と地名||ミンゾク ト チメイ ; 1-2 書誌id: bnisbn:上下). そして、民俗学者の谷川健一が亡くなったのも今年。年8月24日のことだ。谷川は1921年に生まれているから、92歳まで生きたことになる。今回は. 4 税込,200 日本書籍総目録有 235. 日本の神々 2. 日本民俗文化資料集成 / 谷川健一編 ; 第19 巻. 谷川健一編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 三一書房, 1989. 大国主の誕生528―出雲臣と青の人々その1―谷川健一の著作『青銅の神の足跡』の中に「青の一族」という章があります。この中で、谷川健一は古代日本における「青」の名を持つふたりの人物、身狭村主青(むさのすぐりあお、もしくは、むさのすぐりおう)と忍海飯豊青尊(おしぬみのいい.

トップ>谷川健一 越境する民俗学の. 民俗と地名||ミンゾク ト チメイ ; 1-2 Catalog. デジタル大辞泉 - 谷川健一の用語解説 - 1921~民俗学者。熊本の生まれ。平凡社の雑誌「太陽」の初代編集長を務めた後、柳田国男や折口信夫の影響を受け研究を重ね、日本人の死生観や世界観を探求した。昭和56年(1981)日本地名研究所を設立。. 谷川健一 民俗学者の谷川健一、8月24日死去、92歳。 1921年熊本県水俣生まれ。東京帝国大学文学部を卒業。専攻はフランス文学。平凡社で「日本残酷物語」シリーズを担当、ベストセラーになる。63年雑誌「太陽」創刊時の編集長を務めるが、結核のため退社. タイトルは、『一日一冊一感動!小野塚テルの感動の仕入れ!』日記。 毎日の読書、映画、グルメ、人との出会いなど様々なものから感動を得ています。特に本は年間300~400冊読破します。人々を『感』させ『動』に導き、『感する人』になるようにそのエッセンスを紹介しています。. 299円(税込) 日本民俗文化資料集成 20 / 谷川 健一. 求めて、「宗教」や「イデオロギー」を超えた自然的・本質的な人間の姿を追いつづける谷川民俗学の最新小論集。 目次.

日本人にとって神とはどのようなものであったのか。自然の律動に神の歓び、怒り、悲しみと交感して、深い信仰心とともに遊び、祝祭した民俗の神の世界。そして生活文化の基層から日本を捉えなおす。年に完結した『谷川健一全集』の未収録作品を収集した、貴重なコレクション全6巻の. 日本人の魂のゆくえ : 古代日本と琉球の死生観 資料種別: 図書 責任表示: 谷川健一著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 冨山房インターナショナル,. 民俗学の研究者の谷川さんの書かれた地名の本です。 現在の地名は普通漢字表記されていますので、その語源となった地勢や産業などの特徴が隠されてしまった例が多いようです。 たとえば中国地方にある「エキ」と読む地名は元々は谷の奥から水が湧き出るところを指し、農業の始めの頃に. 28 谷川 健一 冨山房インターナショナル 売り上げランキング: 237,616 Amazon. 「民俗学者の谷川健一」の用例・例文集 - このことについては、私との対談で『地名の古代史』というのをつくっている民俗学者の谷川健一氏などもほぼ同意見で、氏はそのことをこう書いている。 ほかの出席者は京都大学の林屋辰三郎氏と民俗学者の谷川健一氏だったが、さきに引いたこと. Webcat Plus: 谷川 健一, 谷川 健一(たにがわ けんいち、1921年7月28日 - 年8月24日)は、民俗学者、地名学者、作家、歌人。 在野の学者として日本文学や民俗学の研究をおこない多くの研究書を著した。 日本文学の源流を沖縄・鹿児島などの謡にもとめた「南島文学発生論」などの業績をあげ、文化. 民俗・地名そして日本 谷川健一/同成社 1989/08出版 民俗・地名そして日本 - 谷川健一 254p 20cmX14cm ISBN:NDC:380. Find similar Call Numbers : Details.

主題: さけ; ます; 漁撈: 注記: 参考文献,註:各章末. 谷川健一全歌集 ; うたと日本人 : 他. 後藤総一郎 述 古代人の生活と民俗 谷川健一, 臼田甚五郎 述 日本人の宗教観 谷川健一, 松田修 述 円空のふるさと 谷川健一, 池田勇次 述 羽衣・天女・白鳥 谷川健一, 大林太良 述 飢餓をみつめる思想 谷川健一, 島尾敏雄 述 「青」のフォークロア 畑中章�. 動物地名をたずねて / 谷川健一著 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: ドウブツ チメイ オ タズネテ 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 岩波書店, 1998. 6 形態: 247p ; 20cm 著者名: 谷川, 健一(1921-) 書誌id: bbisbn:内容目次情報. 日本民俗文化資料集成 / 谷川健一編 ; 第13巻-第14巻. 1185円(税込) わたしの民俗学 / 谷川 健一 / 三一書房 【送料無料】【中古】 その他. 史料としての伝説と地名 / 谷川健一 著 : 部分タイトル: 道行文と地名 / 谷川健一 著: 部分タイトル: 俘囚の役割 / 谷川健一 著: 部分タイトル: 木津川と杣山 / 谷川健一 著: 部分タイトル: 若狭の国名と八百比丘尼 / 谷川健一 著: 部分タイトル: 地名の喚起力 / 谷川健一 著: 部分タイトル: 地名を守�.

形態: xiv, 600, 22p, 図版 1 枚 ; 23cm 著者名: 谷川, 健一(1921-) シリーズ名: 谷川健一全集 ; 17. 民俗と地名||ミンゾク ト チメイ ; 1-2 書誌id: bnisbn:上下) 子書誌情報. Tweet; 読みたいリスト. 364円(税込) 鍛冶屋の母 / 谷川 健一 / 河出書房新社 【送料無料】【中古】 その他. 3 形態: iv, 281p ; 20cm 著者名: 谷川, 健一 目次情報:. Bib: BNISBN:上下) Holding items in this series.

谷川健一 『常世論』 (平凡社選書) 谷川健一 『古代史ノオト』 谷川健一 『四天王寺の鷹』 谷川健一 『古代海人の世界』 谷川健一 著/渡辺良正 写真 『民俗の神』 (淡交選書) 谷川健一 『続 日本の地名. 谷川健一、鏡味明克、山口恵一郎、都丸十九一、吉田金彦等によるいわゆる入門講座も出ているが、その後の明確な展開がなく、なによりも共通の方法論が確立しておらず、恣意的な地名研究や定義に疑問をいだく傾向が今なお強い。地名学の提唱と講座・研究書の刊行を日本地名研究所の全国. はじめに柳田と折口のこと 地名と民俗学 南島のこと そして「日本」 私の民俗学のいま.

Other titles: 地形名とその周辺の語彙: Subject: 日本--地名--辞書; 民俗. 谷川健一全集〈第11巻〉民俗3―わたしの民俗学 わたしの「天地始之事」 谷川健一全集〈第12巻〉民俗4―魔の系譜・常世論; 谷川健一全集〈第13巻〉民俗五 民間信仰史研究序説 他; 谷川健一全集〈第14巻〉地名1―日本の地名・続日本の地名・神は細部に宿り. 地名は警告する : 日本の災害と地名 フォーマット: 図書 責任表示: 谷川健一編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 冨山房インターナショナル,. 3 形態: 510p, 図版4p ; 23cm 著者名: 谷川, 健一(1921-) シリーズ名: 日本民俗文化資料集成 / 谷川健一編 ; 第1巻 目次情報:. 谷川 健一『民俗、地名そして日本』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 資料形態(詳細): Text: 主題: 歌謡--歴史; 民俗学:.

短歌|| タンカ 書誌ID: BA91696149. powered by openBD API. 産屋の民俗: 谷川健一, 西山やよい: 沖縄の海中・海底・海岸の地名: 南島地名研究センター編 : 沖縄のサンゴ礁海域の地名: 島袋伸三: 知念村の海岸地名: 新垣源勇: 八重干瀬の地名: 渡名喜村の陸と海の地名: 比喜松吉: 水路の名称と地名について: 宮城�. 民俗 地名そして日本 / 谷川 健一 / 同成社 【送料無料】【中古】 その他. 送料無料の商品多数!ポイント還元率3%!民俗・地名そして日本 /同成社/谷川健一(同成社)の通販ならポンパレモール. 冨山房インターナショナル 谷川健一コレクション4 - isbnc0339 谷川 健一 日本の神と文化 1. 8月に諏訪神社に行った以降、蛇神信仰のことが気になっていたのだけど、たまたま地元の図書館にこういう本があり、諏訪にも触れている箇所を見つけたの借りてみた。 蛇―不死と再生の民俗 posted with amazlet at 14.

民俗・地名そして日本 谷川健一/著. 谷川 健一(たにがわ けんいち、1921年7月28日 - 年8月24日)は、日本の民俗学者、地名学者、作家、歌人。日本地名研究所所長。在野の学者として日本文学や民俗学の研究をおこない多くの研究書を著した。日本文学の源流を沖縄・鹿児島などの謡にもとめ. その他の標題: 地形名とその周辺の語彙: 主題: 日本--地名. アイヌ地名から見た古代日本の鮭の分布 : 木村圭一: 三面川の鮭の歴史: 鈴木鉀三: 続きを見る 書誌id: bnisbn:子書誌情報. Webcat Plus: 谷川健一の世界, 古代史、地名研究から小説、短歌などの創作まで、従来の民俗学の枠を遙かに超えて道なき道を歩んだ孤高の巨人・谷川健一。全集各巻に付した「巻末対話」で、「若き友人」大江修を相手に著作の根柢にある思想を解き明かす。. isbnc0339 谷川 健一 著 著者が民俗学の 世界に入りこむきっかけをつくった柳田国男。 近代日本の苦悩を一身に受けて 未踏の学問領域を開拓した柳田の冒険とは。 柳田国男の民俗学について、その奥行のある学問を、.

近くの請求記号の本を見る : 詳細. 谷川 健一(たにがわ けんいち、1921年 7月28日 - 年 8月24日 、満92歳没)は、日本の民俗学者、地名学者、作家、歌人。 日本地名研究所所長。 在野の学者として日本文学や民俗学の研究をおこない多くの研究書を著した。. 5 形態: xi, 224p ; 18cm 著者名: 谷川, 健一(1921-) シリーズ名: 岩波新書 ; 新赤版 559. トップ>谷川健一の世界 魂の民俗 学が. 『常世論(とこよろん)―日本人の魂のゆくえ (講談社学術文庫)』(谷川健一) のみんなのレビュー・感想ページです(2レビュー)。作品紹介・あらすじ:常世は、水平線の彼方に対する憧憬と死がまじり合ったもの。しかし常世は、祖霊の在す幽界や黄泉の国、そして沖縄のニライカナイともつ. 大江修 述 民間信仰史研究序説 谷川健一, 大江修 述 日本の地名 続日本の地名 谷川健一, 大江修 述 地名伝承を求めて 谷川健一, 大江修 述 列島縦断地名逍遥 谷川健一, 大江修 述 海の夫人 青水沫 海境 うたと日本人 谷川健一, 大江修 述 柳田国男の民俗.

青銅の神の足跡 谷川健一 集英社文庫 >ホーム > 人文・社会科学 > 宗教・民間信仰 > 人文・社会科学 > 歴史 > 日本史 > 人文・社会科学 > 民俗学・文化人類学・考古学 > その他 > 妖怪・幻獣・神話・民間伝承 > 日本・東洋の神話・説話・民間伝承・妖怪 > 文庫、新書、選書. 谷川 健一(たにがわ けんいち、1921年7月28日 - 年8月24日、満92歳没)は、日本の民俗学者、地名学者、作家、歌人。 熊本中学、旧制大阪府立浪速高校、東京帝大文学部。熊本水俣で結核療養。31歳で卒業。平凡社に入社。35歳、柳田国男、宮本常一に出会う。. 谷川 健一(たにがわ けんいち、1921年 7月28日 - 年 8月24日 、満92歳没)は、日本の民俗学者、地名学者、作家、歌人。日本地名研究所所長。 在野の学者として日本文学や民俗学の研究をおこない多くの研究書を著した.

民俗学者、歌人、日本地名研究所所長。文化功労者。 『南島文学発生論』で芸術選奨文部大臣賞、第二回南方熊楠賞。『海霊・水の女』で短歌研究賞。『日本庶民生活史料集成』『日本民俗文化大系』で毎日出版文化賞。『谷川健一全集』全24巻など。. 日本文化の基層 日本人にとって神とはどのようなものであったのか。自然の律動に神の歓び、怒り、悲しみと交感して、深い信仰心とともに遊び、祝祭した民俗の神の世界。. その他の標題: 地形名とその周辺の語彙: 主題: 日本--地名--辞書; 民俗学--辞書: 分類・件名: ndc8. 大嘗祭の成立 日本の神々 / 谷川健一, 大江修 述 : 民俗・地名そして日本 - 谷川健一 部分タイトル: 古代史ノオト / 谷川健一, 大江修 述: 部分タイトル: 神・人間・動物 古代海人の世界 / 谷川健一, 大江修 述: 部分タイトル: 南島文学発生論 / 谷川健一, 大江修 述: 部分タイトル: 沖縄・辺境の時間と空間 / 谷川健一, 大江修 述: 部分. 日本の神々 神社と聖地 新装 11 関東/谷川 健一(哲学・思想・宗教・心理) - 各地に今も息づく神々を通して、日本列島の歴史・文化・風土を浮彫りにする。伝統文化の象徴としての神社に、民俗・歴史・考古などの学際的観点から光. 日本民俗文化資料集成 / 谷川健一編 ; 第.

民俗・地名そして日本 - 谷川健一

email: epuwoka@gmail.com - phone:(413) 718-8656 x 3222

警官の掟 - 佐々木譲 - プライシング ジャグモハン

-> カエルの世界 - 種村ひろし
-> 日曜日の妖精 サラ - デイジー メドウズ

民俗・地名そして日本 - 谷川健一 - Songbook Guitar 松山千春


Sitemap 1

水と環境問題 - 橋本淳司 - たたかえ 由瞳綺麗 お嬢さま